寄生虫の脅威|猫を飼う人に必須のアドボケートは通販で簡単に購入できる!

寄生虫の脅威

Array

寄生虫が猫に及ぼす悪影響をご存知でしょうか。
自分の周りで「寄生虫が原因で病気になった」という事例をあまり聞かないかもしれないので実感はないと思いますが、実はものすごく危険な虫なのです。
寄生虫はそれぞれ種類によって寄生先が違うので、すぐに分かるものもあればかなり進行してからじゃないと気付かないものもあります。
その一種がマダニによるものです。
マダニは猫の血を吸血します。
吸血前は小さいのですが、吸血後には十円玉くらいのサイズにまで大きくなります。
体の小さな猫からそれだけの血を抜き取ってしまうことによって、重度の場合は貧血を起こしてしまいます。
虫に刺されたら痒くなるのと同じように、猫がマダニに刺されると痛みや激しい痒みを引き起こします。
その傷口から別の菌が侵入してしまい、感染症を発症することもあるのです。
マダニは基本的には木や草が生い茂っているようなところに生息しているのですが、誰の何にひっついて家に侵入してくるかわからないので室内で飼っているからといって完全に油断していては危険です。
田舎の方では放し飼いにしているような人もいると思いますが、それはものすごく危険です。
マダニは目でも確認できるサイズなので自分の手で駆除するのもいいですが、猫に寄生する虫はマダニだけではないのです。
フィラリアは蚊を媒介に寄生するので防ぐことも難しいですし、体内に侵入してしまうので気付くことは出来ないでしょう。
そこで、駆除にも予防にも効く薬を猫に飲ませるのです。
アドボケートという薬はいろんな寄生虫を駆除・予防してくれるので、飲ませ続けておけば寄生虫によって病気を引き起こすことはないでしょう。